妄想研究所
りさいくる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メインフレーム vs ブレードサーバ
はい。また気まぐれでブログをリセット。

ちょっと株だけではネタが尽きたのと
他に書いてみたいネタが貯まったから。

んで、題名の通り「メインフレーム」と「ブレードサーバ」
どっちがいーのよ?ってお話です。

①国内における各サーバの現状
 一般的な業界と同じく、外資系と日本企業が業務提携するという
 構図は似ています。

  IBM=日立
  HP=NEC
  サン=富士通

 ただし、HPは日立とUnixサーバの共同開発、
 サンとNECは戦略的提携を結んでいるのが現状。

 今回はサン&富士通の話は置いときます。
 (パッとした特徴がないし・・・)

 メインフレームホストの代名詞的なIBM&日立。
 片や、ブレードサーバを拡大するHP&NEC。

 将来的にはどちらが優位になるんやろうか?

 現時点で広く普及しているのは、業務ホストとして
 確固たる地位を築いているメインフレームである。

 ブレードサーバの提唱する「オープン系システム」という言葉は
 まだ比較的新しく、メインフレームに比べるとそれほど多くありません。

②性能比較
 性能、信頼性の比較は、Webでも色々特集が掲載されているので
 あえてここでは書きません。
 どうしても気になる人は、勝手に調べてください。

 大抵の特集には、下記のような結果が書かれています。

  信頼性:メインフレーム > オープン系
  コスト:メインフレーム < オープン系

 どちらがイイという結論に至らず、濁して終わってるような
 記事ばっかり。

 結局は、システム要件のに応じて搬入しているのが現状で
 大規模な業務系ホストには、高コストながら信頼のおける
 メインフレーム。拡張性が高く、比較的コストを抑えられる
 ブレード系サーバは小規模システムが向いているようです。

③汎用的アーキテクチャ。
 ソフトウェア開発において、オブジェクト指向開発が流行しているように
 インフラ面でもSOAというサービス指向アーキテクチャが
 最近世間をにぎわせています。

 そう考えると、これからはブレードサーバが売れていくように思いますが
 メインフレームも過去の産物ではなく、日々進化している訳で
 最近はオープン系の概念がメインフレームにも導入されてきています。
 (ここはあんまり知りません)
 
 ただし、実績・事例が多いのははやりブレードサーバになります。
 オープン化されたメインフレームが導入実績を伸ばすのは
 もう少し先になりそうですね。

成長性で言えばブレードサーバなのですが、下記の理由で
メインフレームは確実になくならないでしょう。

・既存の基幹業務(ホスト)は、大部分がメインフレーム。
・基幹業務(ホスト)は、信頼性がトッププライオリティである。
・ブレードサーバのメリットも吸収しつつある。

以上を踏まえて、独断と偏見がカナリ入ってしまいますが、結論としては

 メインフレームの勝ち。





スポンサーサイト

メガバンク
最近目に止まったニュース。
--------------------------------------------------------
みずほフィナンシャルグループは5日、子会社が保有する自社株
70万株を売り出すと発表した。国内分が42万株、海外分が
28万株で、発行済み株式総数の5.8%に相当する。2003年3月の
事業再構築の過程で発生した、子会社保有株式を処分し、
同時に成長戦略を支えるグループ資本基盤を強化する。

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------
三菱UFJフィナンシャル・グループは5日、普通株25万6159株を
3586億2260万円で取得したと発表した。
前日発表した公的資金返済方針に基づくもので、
全株式とも国が保有していた優先株を普通株に転換したもの。

--------------------------------------------------------

まぁ、簡単にいうと、みずほは

「自分の株を売ります。儲けたお金は借金返したり、
 内部の統制を取る為に使います」

一方で東京三菱は

「国に借金返す意味を込めて、国に預けてある自分の株を
 買い戻します」

こんな感じ。

同じ銀行にしても、経営陣のスタイルが良く分かるね。

みずほ  ・・・ 今、自分の会社株を売却する事が得。
東京三菱 ・・・ 今、自分の会社株を購入する事が得。


話は変わるけど、日本のメガバンクは欧米のでっかい金融
グループと比べて収益力が全然違います。
なんで、今のメガバンクは「経営の効率化」という課題を
抱えています。

ここで1つ疑問。
欧米に比べなぜ、メガバンクの収益力が低いのか?

そもそもメガバンクというものは下記3項目を目的に、
いくつもの銀行を吸収合併して誕生しています。

コストカットによる収益増加
経営統合による競争力の強化
大規模な投資と、システム投資の効率化

ま、結果は想像通り、なんら機能していません。
それでも改善されない大きな原因のひとつは「人事」だそうです
(どっかで読んだ)
日本のお得意な「年功序列制」、若い頃は少なくて職歴や役職が
上がることによって高額報酬になるという制度ですね。
こんなモノが浸透している為に、途中で大きな改革が出来ない
という事なのです。
銀行の天辺にいる古ダヌキ達が、自分達の保身の為に自分に
不利になる経営方針を認めにくく、
結果、銀行の経営が改善されないのです。
こういった銀行員は不良債権と一緒やね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。