妄想研究所
りさいくる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メインフレーム vs ブレードサーバ
はい。また気まぐれでブログをリセット。

ちょっと株だけではネタが尽きたのと
他に書いてみたいネタが貯まったから。

んで、題名の通り「メインフレーム」と「ブレードサーバ」
どっちがいーのよ?ってお話です。

①国内における各サーバの現状
 一般的な業界と同じく、外資系と日本企業が業務提携するという
 構図は似ています。

  IBM=日立
  HP=NEC
  サン=富士通

 ただし、HPは日立とUnixサーバの共同開発、
 サンとNECは戦略的提携を結んでいるのが現状。

 今回はサン&富士通の話は置いときます。
 (パッとした特徴がないし・・・)

 メインフレームホストの代名詞的なIBM&日立。
 片や、ブレードサーバを拡大するHP&NEC。

 将来的にはどちらが優位になるんやろうか?

 現時点で広く普及しているのは、業務ホストとして
 確固たる地位を築いているメインフレームである。

 ブレードサーバの提唱する「オープン系システム」という言葉は
 まだ比較的新しく、メインフレームに比べるとそれほど多くありません。

②性能比較
 性能、信頼性の比較は、Webでも色々特集が掲載されているので
 あえてここでは書きません。
 どうしても気になる人は、勝手に調べてください。

 大抵の特集には、下記のような結果が書かれています。

  信頼性:メインフレーム > オープン系
  コスト:メインフレーム < オープン系

 どちらがイイという結論に至らず、濁して終わってるような
 記事ばっかり。

 結局は、システム要件のに応じて搬入しているのが現状で
 大規模な業務系ホストには、高コストながら信頼のおける
 メインフレーム。拡張性が高く、比較的コストを抑えられる
 ブレード系サーバは小規模システムが向いているようです。

③汎用的アーキテクチャ。
 ソフトウェア開発において、オブジェクト指向開発が流行しているように
 インフラ面でもSOAというサービス指向アーキテクチャが
 最近世間をにぎわせています。

 そう考えると、これからはブレードサーバが売れていくように思いますが
 メインフレームも過去の産物ではなく、日々進化している訳で
 最近はオープン系の概念がメインフレームにも導入されてきています。
 (ここはあんまり知りません)
 
 ただし、実績・事例が多いのははやりブレードサーバになります。
 オープン化されたメインフレームが導入実績を伸ばすのは
 もう少し先になりそうですね。

成長性で言えばブレードサーバなのですが、下記の理由で
メインフレームは確実になくならないでしょう。

・既存の基幹業務(ホスト)は、大部分がメインフレーム。
・基幹業務(ホスト)は、信頼性がトッププライオリティである。
・ブレードサーバのメリットも吸収しつつある。

以上を踏まえて、独断と偏見がカナリ入ってしまいますが、結論としては

 メインフレームの勝ち。




スポンサーサイト


この記事に対するコメント
色付きの文字( ´∀`)何書いてるかサッパリわかんねーよ
【2005/12/03 15:58】 URL | 屁 #CjlWd7YA [ 編集]

(*´∀`)自分でも意味わかんねーよ!
【2005/12/09 00:14】 URL | nineheads #- [ 編集]

誰が分かんだよ!
【2005/12/12 23:50】 URL | ohbatch #- [ 編集]

ちょっと記事更新。
【2005/12/14 14:37】 URL | nineheads #- [ 編集]

あらら、メイフレ勝っちゃったよ。。
【2005/12/18 03:02】 URL | ohbatch #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/04/17 11:08】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/04/22 09:12】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/03 11:50】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://9heads.blog4.fc2.com/tb.php/2-6b5d6d0e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。